うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病への関心を求めて男性が棺桶へ!?

From:宮里竹識
つくばのオフィスより、、
だいぶ世間に認知されてきたものの
まだまだ誤解が多いうつ病。
そんなうつ病への関心を高めてもらおうと、
イギリス人のジョン・エドワーズさんが
棺桶の中で3日間過ごしたそうです。
エドワーズさんは過去に自身もうつ病で苦しんだ経験から、
自殺願望を持つ人や中毒患者を支援することを目的とした
ウォーキング・フリーというチャリティ団体を設立しています。
そんなエドワーズさんが今回棺桶で3日間を過ごしたそうですが、
棺桶の中には布団が用意され、
インターネット環境もあったそうです。
この棺桶の中で、
自分の様子をストリーミング配信したということです。
エドワーズさんは、
「自殺願望を持つ人たちが墓に入ってしまう前に、
私が墓から語りかけ、希望を見せてあげたい」
とコメントしています。
中々洒落の効いた行動ですね。
私は狭くて暗いところが苦手ですので、
エドワーズさんの真似はできそうもないです。
ただ、うつ病に関心をもってもらうために行動している点については、
とても共感できます。
私はまだ棺桶に入る予定はありませんが、
その時がくるまでに一人でも多くのうつ病で苦しんでいる人に
障害年金を届ける手伝いをしていきたいと思います!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける