うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ロードバイクがやってきた!

From:宮里竹識
つくばの自宅より、、
去年の12月に注文してはや3ヶ月、
ついに待っていたロードバイクがやってきました。
新宿のお店で買ったので最初は自宅に配送してもらう予定でしたが、
待ちきれなくて新宿まで取りに行きました。
といっても、
いきなりロードバイクを受け取れるわけではなく、
2時間ほど講習を受けました。
ロードバイクの運転方法やメンテナンスの方法、
道路交通法などを学びます。
そしてようやく受け取ったロードバイク。
それがこちら(写真は自宅で撮影)

ビアンキのインフィニートCVという自転車です。
カーボン製のフレームなので、
ママチャリと比べておそろしいほど軽いです。
片手で楽々持ち上げることができます。
そして、
GPS付きのサイクルコンピュータで自宅までのルートを設定し、
帰途につきます。
新宿からつくばまで約70キロあります。
かなりの距離がありますので、
余計な体力を使わないようゆっくり走り出します。
ゆっくりペダルを回しているつもりですが、
それでもすぐにスピードがでます。
あっという間に時速20〜30キロに達します。
風景がどんどん後ろに流れていきます。
東京はちょうど桜が満開となっていましたので、
色んなところできれいな桜を見ることができました。
天気も晴れ渡り、
道行く先には桜並木。
まるで翼が生えたように遠くへ行くことができます。
自分の世界が広がったようでした。
自転車をこいでいるとかなりのカロリーを消費しますので、
途中で休みながらチョコレートを食べたり
水分補給をしたりします。
午後3時に新宿を出たのですが、
つくばに着く頃には午後8時をまわっていました。
かなり疲れました。
なれない前傾姿勢で首や腕、背中が痛いです。
でも、それ以上に楽しかったです。
今後はロードバイクで遠出という休日が続きそうです。
まずは筑波山や牛久大仏を見に行こうかと。
ただ、100キロ以上の長距離を走り抜くには
それなりの体力や筋力が必要となります。
トレーニングも必要になるのですが、
実は少し前にトレーニングバイクも購入していました。

これで事前にトレーニングしていたからこそ、
新宿からつくばまで走ってこれたわけです。
障害年金のサポートで忙しい日々が続いていますが、
休日はしっかりプライベートを満喫し、
充実した日々を送っていきたいと思います!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける