うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

返金保証目的での依頼はお断りです!

From:宮里竹識
研究学園のスタバより、、
私たち全国障害年金パートナーズが他の障害年金社労士と違う点といえば、
「うつ病による障害年金専門」
というところです。
そしてもう一つ他の社労士さんとの大きな違いが
”着手金の10倍返金保証”
というものです。
これは、私達が障害年金の受給代行を行い、
万が一障害年金が不支給となった場合、
着手金の1万円を10倍の10万円にしてお返しするというものです。
この10倍返金保証があることで
安心して私達に依頼できると言ってくれる人もいます。
しかし、
当たり前の話ですがすべての人が私達に障害年金のサポートを
依頼できるわけではありません。
仮にすべての人の依頼を受けるとなると、
病気でない人が10万円を求めて私達に仕事を依頼することができるからです。
そんな依頼は当然防がなければなりません。
というわけで
どのような人が着手金の返金保証の対象になるのか、
どんな人は対象外なのかについても
ホームページや動画で語っています。
しかしそれでも世の中にはいろんな人がいます。
最初から10万円の返金を目当てに
私達に障害年金を依頼しようとする人もいるのです。
そんな人からの依頼は即座に断っています。
今日も断りました。
障害年金のサポートを依頼したいという人から電話があり、
後日打ち合わせする日の予定を調整した直後の話です。
「障害年金が認められなかったら10万円もらえるんですよね」
そんなことを言われました。
私はその人の状況をヒアリングし、
障害年金が認められるハードルが高いと感じましたので
「あなたの場合は着手金の返金保証は適用できません」
とお伝えしました。
すると納得いかない様子の相談者。
まぁ色々と言ってきます。
どうやったら10倍返金保証が認められるかだけを
必死になって聞いてきます。
私達は、依頼者の約7割は返金保証の対象になりますが、
残りの3割は着手金の返金保証が適用できない人となっています。
うつ病で苦しんでいる人に障害年金を受け取ってもらい、
経済的不安から解消してもらう、
療養に専念して社会復帰してもらうというのが
私達の目的です。
着手金の返金保証を悪用して10万円を受け取ることが目的の人は
私達のお客さんではありません。
なので、
「あなたの場合は着手金の返金保証の対象にはなりません。
納得いかないのであれば、私達とは合わないと思います」
と言って電話を切りました。
お客さんが私達を選ぶか自由に決められるように、
私もお客さんを選びます。
私達が着手金の返金保証を設けているのは
お客さんに安心してもらうためです。
ただ10万円がほしいという人にあげるためのものではありません。
本当にうつ病で苦しんでいる人たちを助けるためにも、
着手金の返金保証だけが目的の人からの依頼は
容赦なく断っていきます!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける