うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

不安がなくなり療養に専念することができました!(埼玉県のK.Hさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Hさん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:埼玉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約125万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約360万円)
 

2.事例


病気の母が事件を起こしてしまい、
逮捕されてしまったことがきっかけで
気分の落ち込み・希死念慮・不安・不眠・倦怠感
といった症状が現れるようになったK.Hさん。
病院ではうつ病と診断され、
10年ほど治療を続けていますが病気はよくなりません。
希死念慮から薬を多く飲んでしまうこともありました。
躁状態に陥ってしまい、
家族に暴力行為を働いてしまい
警察に通報されることも複数回ありました。
仕事は何とかやっていたものの、
長期間の就労に耐えられずに
数ヶ月で退職して転職するということを繰り返していました。
それでも体調は悪化し、
現在は働けない状態となっています。
K.Hさんの日常生活状況は次の通りです。
●食事は1日1食程度で、調理や後片付けも行えない
●母が食事の用意をしても食べられないことが多い
●部屋の掃除や片付けは行えない
●うつ状態になると買い物できず、躁状態になると浪費行動が見られる
●薬も飲み忘れや飲みすぎが多い
●通院も一人では難しい
●うつ状態では、質問しても答えるまでに時間がかかる
●躁状態だと、多弁・多動からコミュニケーションが難しい
●電車やバスに乗るとパニックになる
●車の運転をしても、信号や前の車に気づけないことがある
●社会的手続きは行えない
●基本的に横になって過ごすことが多い
私たち全国障害年金パートナーズがサポートを行ったのですが、
手続きする役所にかなり振り回されました。
K.Hさんは初診日に共済年金に加入していたので、
障害年金の手続きは共済組合に行うことになりました。
そこで共済組合に連絡をしたところ、
「うちじゃなく、別の支部とやり取りしてくれ」
と言われてしまったのです。
それも何度も。。。
結局その共済組合の支部を5箇所ほどたらい回しにされました。
私は障害年金の手続きに慣れているからまだ良いのですが、
もし自分で手続きして役所をたらい回しにされたとしたら
K.Hさんはかなり疲弊していたことでしょう。
もしかしたら、
疲れてしまって途中で障害年金を断念していたかもしれません。
そう思うと、
私が障害年金の受給代行をして良かったと思います。
無事に2級が認められたので、
K.Hさんにも喜んでくれました。
 

3.K.Hさんの声


日常生活の状態を医師に伝えることができず、
症状について実際より軽い内容を診断書に記載されるのではないかと
悩んでいました。
YouTubeの動画で
全国障害年金パートナーズを知りました。
自身の生活の様子などを他人に話すことに抵抗があった為、
当初は依頼を考えていませんでした。
症状や経緯をまとめる際に、
どこまでの情報が必要なのか分からず、
精神的に不安定な状態に陥ったため、
うつ病に特化し実績のある貴社に依頼することを考えました。
実際に依頼したことで、
手続きの不安がなくなり療養に専念することができました。
初診から時間が経っている場合、
カルテを破棄されてしまい障害年金受給のハードルが高くなってしまう
ことがあると今回知りました。
経済的不安をなくして治療に専念できるよう、
うつ病専門の社労士事務所に相談することをおススメしたいと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける