うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お金の問題で悩んでいて借金までしていました!(愛知県のM.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:M.Tさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県・愛知県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って3級
年金額:約75万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約540万円)
 

2.事例


会社から求められる仕事のレベルが高く、
それに答えられなかったことがストレスとなっていたM.Tさん。
また、家庭生活では離婚したこともストレスとなっていました。
そのような中、
不眠・気分の落ち込み・倦怠感といった症状が現れるようになります。
最初は病院には行かず、
個人で抗うつ薬を海外から購入して飲んでいました。
それでも病状は良くならなかったことから
病院を受診すると、うつ病と診断されます。
約10年病院に通って治療を続けていますが、
うつ病は改善しません。
症状も悪化し、
意欲減退・焦燥感・動悸・食欲不振・希死念慮・趣味や関心の喪失
といった症状も現れるようになりました。
仕事もできない状態となってしまいました。
M.Tさんの日常生活状況は次の通りです。
●調理は行えず、後片付けを手伝うこともできない
●入浴は二日に一回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは行えない
●人と対面しての買い物は難しい
●服薬は、調子が悪ければ多くのみ、調子が良ければ飲まない傾向にある
●相手が何を言っているのか分からなくなることがある
●集団行動は難しい
●ガスの火を消し忘れることがある
●難しい話を理解したり説明するのに支障がある
●本や新聞の内容が頭に入ってこなくなった
私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に遡って3級の年金が認められました。
 

3.M.Tさんの声


悩みはいろいろありましたが、
一番はお金の問題で悩んでいました。
収入がないので借金までしていました。
全国障害年金パートナーズのことは、
インターネットで知りました。
すぐに障害年金受給代行を依頼しました。
いろいろな所を調べましたが、
ココが一番だと思い依頼しました。
ほとんど何も動くことなく障害年金を受給できたので
とても楽でした。
【これから障害年金を申請する人へのメッセージ】
障害年金は病院では教えてくれない制度なので、
なるべく早く知ることができれば良いと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける