うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

近くの社労士か、実績のある社労士に頼むかで悩みました(大阪府の山口さんの事例)

1.基本情報


氏名:山口義幸さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額:約155万円)

 

2.事例


会社の理念ややり方、上司とも合わなかった山口さん。

そのストレスからか、
不眠・便秘・喘息といった症状が現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

症状も悪化し、
不安・意欲減退・焦燥感・食欲低下・イライラ・
趣味や関心の喪失・希死念慮といった症状も現れます。

初めての受診から10年以上経過しますが、
うつ病は良くなりません。

仕事も休職や転職を繰り返しており、
現在は働けない状態となってしまいました。

山口さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日1〜2食で、定期的な食事は行えない
●入浴は週に1回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けも行えない
●買物は週に1回程度
●薬は週に2〜3回飲み忘れる
●質問されても答えるまでに時間がかかることがある
●集団行動は難しい
●基本的に外出できずに横になっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3.山口さんの声


近くの先生に頼むか、
実績のある先生に頼むべきかで悩みました。

ネットで検索していて全国障害年金パートナーズを知りました。

最初の無料判定では申請できない結果が出ましたので、
先生のアドバイスをいただき、
無事依頼する運びになりました。

宮里先生の実績が精神の障害年金に特化されており、
成功報酬型であることが決めてとなり依頼しました。

時間にすごく厳しい印象を受けましたので、
なるべく先生の期待に添うべく
無駄話はしないように心がけました。

まだまだうつ病への偏見は厳しく、
怠け者扱いされたり変人扱いされたりと、
社会復帰には遠く険しい道が続いていますが、
一歩一歩進んでいくしか道はないと思います。

あきらめずに、毎日こつこつと頑張っていきます。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける