うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で働けず生活費がなくなっていくことに悩んでいました(千葉県のK.Aさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Aさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:千葉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約190万円(次回更新時までに受け取れる総額は約420万円)

 

2.事例


月の残業は100〜120時間と
過労状態だったK.Aさん。

営業での電話対応も多く、
一日200件以上の電話に対応することもストレスでした。

そのような中、
電話恐怖・希死念慮・対人恐怖・不眠・不安・
緊張・イライラ・意欲減退といった症状が現れるようになりました。

病院を受診して10年ほど治療を続けていますが、
症状は良くなりません。

食欲不振・趣味や関心の喪失といった症状も現れます。

複数回休職した後退職し、
現在まで働けない状態となっています。

K.Aさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日一食で、調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に2回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くこともできない
●時折大量服薬をしてしまう
●薬は家族が管理している
●質問に答えるまでに時間がかかる
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●電車やバスを一人で利用するのは難しい

K.Aさんの場合、
最初の病院にカルテが残っていないことが
障害年金の手続きを進める上で最大の問題となっていました。

しかし、
二番目の病院に紹介状を出していたことが分かり、
その紹介状の記載から初診日を特定したことで
何とか障害年金が認められました。

通常とは異なる手続きを行い
難易度も高かったのですが、
うつ病による障害年金を専門にしている私たちがサポートしたことで
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.K.Aさんの声


うつ病で働けないので、
生活費がなくなっていくことに悩んでいました。

インターネットでうつ病でも障害年が受給できると知り、
すぐに全国障害年金パートナーズへ問合せをしました。

宮里先生の丁寧な対応が決め手で
依頼することにしました。

2級という結果になりとても感謝しています。

もしうつ病で障害年金を受けたいという人がいたら、
一日でも早く全国障害年金パートナーズに連絡して下さい。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける