うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

宮里先生の成功率の高さが決め手で依頼を決めました!(京都府のD.Aさんの事例)

1.基本情報


氏名:D.Aさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:京都府
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約144万円(次回更新時までに受け取れる総額は約241万円)

 

2.事例


上司からのパワハラや職場の人間関係などに
ストレスを感じていたD.Aさん。

しだいに朝起きれない・不眠・不安・意欲減退・
食欲不振・イライラ・焦燥感といった症状が現れました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

その後治療を続けますが
6年経ってもうつ病は良くなりません。

仕事もできなくなってしまい、
1年以上休職状態が続いています。

D.Aさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日二食、調理や後片付けもできない
●部屋の掃除も難しい
●買物には事前のメモが必要
●薬は体調が悪くなったとき以外は飲めていない
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●こちらの話が伝わっていないと感じると、すぐにイライラしてしまう
●電車やバスの利用はさけたい

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
2級の障害年金が認められました。

 

3.D.Aさんの声


経済的なことで悩んでいました。
また、経済状況を考えると心配で
精神的な負担が増して辛かった。

インターネットでうつ病のことを紹介しているサイトは多くあるが、
実際うつ病で具体的にどのようなことをすればいいかという
宮里先生の動画を見つけたことで
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐには依頼せず、
無料判定を受けて少し考えた。

自分の病状で依頼して「支給」を実現できるのか。。。

宮里先生の成功率が高いことが決め手で
障害年金受給代行を依頼した。

依頼してみて、無駄がないと感じた。

年金受給になるための資料を作成することに専念して、
やり取りしていただき、
不安や不明点は丁寧に解説いただいた。

私は年金の支給が難しいことを最初に言われていたが、
上述の対応から「2級」の認定結果を出していただき、
病気の苦しみの経済的な部分が解消された。

これからうつ病で障害年金の請求をする人も、
諦めないでほしい。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける