うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分で申請しようとしたが自信がなかった(千葉県の佐藤さんの事例)

1.基本情報


氏名:佐藤さん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:千葉県
病名:注意欠陥多動性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は約140万円)

 

2.事例


仕事が忙しくてお昼休憩もとれないほど
働いていた佐藤さん。

同僚から無視されるといったことも
ストレスとなっていました。

そのような中、
頭痛・イライラ・動悸・疲労感・めまい・
食欲不振・意欲減退・不安
といった症状が現れます。

病院に行くと
最初は不安神経症や更年期障害だと
診断されました。

しかし治療を続けていくうちに
注意欠陥多動性障害と診断されます。

症状も悪化し、
不眠・趣味や関心の喪失・希死念慮
といったものも現れます。

仕事もここ1年ほどは働けない状態が続いています。

佐藤さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事はパンや宅配ばかりで栄養バランスは悪い
●入浴は家族に何度も促されてようやく行う
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くことは難しい
●週に3回ほど薬を飲み忘れる
●すぐに話の内容を忘れてしまう
●自分の気持ちを言葉にできない
●会話がかみ合わないことが多い
●電車やバスを一人で利用するのは難しい
●子育ても難しく学校行事にも参加できないことが多い

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3.佐藤さんの声


体調が不安定で、
医師も「病名が違うのではないか」と言う中で
働くことも難しく、何に頼ったらよいか分からなかった。

自分が処方されている薬をネット検索していたときに
全国障害年金パートナーズを知った。

夜8時頃だったと思うが、
すぐに連絡して依頼した。

私はうつ病ではなかったが、
受給率が高く信頼できると直感しました。

必要なこと、そうでないことを
はっきりと分けて書類を作成していただき、
自分一人ではとうていできないと思われることも
やっていただいて受給にいたり、
本当に感謝しています。

宮里先生を信じて、
何でも聞いてもらってください。

先生が重要なところをまとめてくださいますから、
一人で悩んでいるのでしたら
一度先生とお話ししてみてください。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける