うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

このままでは離婚または自殺するほど将来に悩んでいました(大阪府のY.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:Y.Mさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約128万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約520万円)

 

2.事例


職場でパワハラをうけていたY.Mさん。

我慢を続けていたところ
涙が止まらなくなる・動悸・不眠・不安・意欲減退
といった症状が現れてきました。

病院を受診すると双極性障害と診断されます。

治療を続けていましたが中々改善せず、
倦怠感・多弁・多動・イライラ・暴言・ものを投げる・自殺未遂・
早々感・過食・拒食・趣味や関心の喪失・希死念慮
といった症状も現れます。

しだいに仕事もできなくなり退職。

その後アルバイトをすることはありましたが、
ここ半年ほどは働けない状態が続いていました。

Y.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食、調理や後片付けもできない
●入浴は家族に促されないとできない
●部屋の掃除や片付けも行えない
●一人で買物に行くことはできない
●躁状態になると浪費行動がみられる
●質問に答えるまでに時間がかかり、質問と違う話をしてしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●躁状態になると多弁となり、感情をコントロールできなくなる
●以前の職場の人の家に押しかけ、警察を呼ばれた
●周りの人に悪口を言われていると感じる
●ATMでお金の出し入れをするのも難しい
●基本的に自宅で横になって過ごしている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級の年金が認められました。

 

3.Y.Mさんの声


全く仕事に行けなくなり、
お金もそろそろ底をつくことが分かっていたので
何とかしなければ、という気持ちなのに何もできない。

このままでは離婚または自殺するほど将来に悩んでいた。

他の社労士を調べたり行ってみましたが、
どこもしっくりきませんでした。

もうダメだと苦しんだ末に宮里先生の動画を見ました。

これが本当ならすごい先生だと思いました。

先生を信じて本当に良かった。

症状が日に日に悪くなり家はぐちゃぐちゃでしたが、
すぐには依頼を決めかねていました。

家から遠いことと、
YouTubeでのことなので騙されそうに思っていた。

たくさんの宮里先生の動画を見て聞いて、
私にしっくりくる話がたくさんありました。

本当に宮里先生に依頼させていただいたおかげで、
金銭的な部分の悩みがとれました。

本当にありがとうございます。

私のように過去よりずっと苦しんでこられた方々、
どうか思い切って一歩を踏み出して下さい。

未来が変わります。

PS
○○○○ありがとうございました。
宮里先生の心遣いが嬉しいです。
中々そんなことをできる人間はいないので。
宮里先生最高〜!

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける