うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今まで思い悩んでいたのが何だったのかというくらいスムーズに事が運びました(千葉県の播本英浩さんの事例)

1.基本情報


氏名:播本英浩さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約180万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約480万円)

 

2.事例


会社から現実的でないノルマを課せられたり、
不当な評価を受けたりといったパワハラに耐えていた播本さん。

しだいに耳鳴り・不安・意欲減退といった症状が現れます。

病院を受診するとうつ病と診断され、
2年ほど通院しましたが症状は良くなりませんでした。

睡眠障害・食欲低下・抑うつ気分・趣味や関心の喪失
といった症状も出てくるようになりました。

仕事も1年6ヶ月休職し、
結局退職に至ります。

それ以降は現在まで働けない状態が続いています。

播本さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食、調理や片付けもできない
●部屋の掃除や片付けはできない
●お金はあるだけ使ってしまう傾向にあり、金銭管理に支障がある
●薬の飲み忘れが多い
●自分の気持ちを言葉にできない
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●質問と違う話をしてしまう
●本や新聞の内容が頭に入ってこなくなった

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級が認められました。

 

3.播本さんの声


失業給付期間の残りが少なくなり、
職探しも難しく今後生活していけるのか?
と強い不安がありました。

社労士さんのHPや障害年金のことを調べているうちに
うつ病専門の御社を知りました。

しばらく悩んでいたのですが、
どこに依頼したらいいかを思案していました。

高い実績と人柄が良さそうだったので
依頼を決めました。

今まで思い悩んでいたのが何だったのかというくらい
スムーズに事が運んで、
自分は待つだけだったので非常にありがたく思っています。

【これから障害年金を受ける人へ】
親身になって相談を受けていただける社労士さんがいます。
悩んでいないでまずは相談することをお勧めします。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける