うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

このまま生きていてもいいのか?と毎日悩んでいました(滋賀県のK.Nさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Nさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:滋賀県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約124万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約1,000万円)

 

2.事例


交通事故にあったことや、
その後の裁判にストレスを感じていたK.Nさん。

事故の影響で働けなくなり、
会社も解雇されてしまいました。

今後の生活に不安を感じている中で
不眠・動悸・焦燥感といった症状も現れるようになります。

病院を受診するとうつ病と診断され、
10年ほど治療を続けていますが症状は良くなりません。

入院も9回ほど行い、
現在も働けないままうつ病と闘っています。

K.Nさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日2食、調理や後片付けもできない
●入浴は家族に促されてようやく行う
●着替えも妻に用意してもらう必要がある
●掃除や片付けは行えない
●買物も一人で行くことは難しい
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●質問に答えるまでに時間がかかる
●質問と違う話をしてしまう
●イライラして暴言を吐いてしまう
●近隣住民とトラブルになって警察沙汰になった
●電車やバスを一人で利用するのは難しい
●基本的に横になって過ごし、日常生活の多くに家族の援助が必要

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
さかのぼって2級が認められ、
次回の更新時までに約1,000万円の年金が受け取れることになりました。

 

3.K.Nさんの声


交通事故の後遺障害で20年来の仕事をクビになり、
それが原因でうつ病を発病。

少しでも収入を得ようと無理をしてパートに出たものの、
うつがさらに悪化してしまい退職。

家族には多大な迷惑をかけてしまい、
このまま生きていても良いのか?
と毎日悩んでいました。

ネットでうつ病関連(自殺の方法も含む)のことばかり検索していたところ、
宮里先生を知りました。

すぐには依頼しませんでした。

電話とメールでのやり取りだけということが不安でした。

電話でのやり取りで、
宮里先生のハッキリとした方向性(うつ病専門の社労士の理念)
が伝わってきて、
判断力をなくしているうつ病患者の私でも
依頼することが決断できました。

自分で手続きをして不支給になっていたら、
後悔しか残らなかったでしょう。

宮里先生に依頼して不支給になっていたら、
それはそれであきらめがついたでしょう。

自分で手続きして不支給になったら本当に後悔しかなかったでしょう。

それでなくとも、
うつ病で苦しみ絶望しているのに、
不支給になれば絶望に絶望を重ねることになります。

不支給になってたら・・・

想像しただけでゾッとします。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける