うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

”社会のゴミ”と自分にネガティブだったのに・・・(新潟県の伊藤さんの事例)

1.基本情報


氏名:伊藤裕代さん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:新潟県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約140万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約290万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、
残業が年間500時間と過労状態にあった伊藤さん。

仕事の責任が大きかったことや、
上司からのパワハラ・セクハラといったことにも悩んでいました。

そのような中、
めまい・食欲不振・涙が出る・焦燥感
といった症状が現れるようになります。

病院を受診するとうつ病と言われ、
3年ほど治療を続けましたがうつ病は改善しません。

当然仕事もできなくなって退職、
ここ1年ほどは働けない状態が続いています。

伊藤さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日1食、調理は難しい
●入浴は週に3回程度で、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けはできない
●買物にも一人で行けず、友人に買物をお願いしている
●相手の話が理解できなかったり自分の気持ちを言葉にできない
●集団行動は難しい
●車の運転も難しい
●電車やバスの利用も厳しい
●ATMでお金を下ろそうとしてもパスワードを忘れてしまう
●退職後の国保や国民年金の手続きも一人ではできなかった
●基本的に外出できず、自宅で過ごしている
●週に数回来てくれる友人の援助で何とか生活できている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3.伊藤さんの声


障害年金について理解できず、
その手続きさえ自身で実施することができなかった。

その時はエネルギーがなく、
かなり困難を感じました。

全国障害年金パートナーズのことは
パソコンで知りました。

依頼するだけでもパワーを使うので、
すぐには依頼できず、
パソコンを診ている期間が長かったような気がします。

宮里先生の声を聞き、
パソコンで動画を見て誠意を感じたため
代行を依頼しました。

パソコンでは他の障害年金社労士をいくつか拝見しましたが・・・

うつ病になり、
初めて自身で行動を起こしてみました。

全国障害年金パートナーズにサポートを依頼して年金が出たことで、
不安が軽減し、少しずつ将来のことを考えられるようになりました。

毎日死ぬことしか考えず、
”社会のゴミ”と自分にネガティブだったのに・・・

受け入れてくれる宮里先生に感謝の言葉しかありません。

【これから障害年金を受ける方へ】
うつ病は病気です。
社会に伝えられないケースも多いと思いますが、
死なないで、相談してみて下さい。
必ず道は開けます。
恥ずかしい病気ではありません。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける