うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

生活するにはやはりお金が大切です(埼玉県のS.Tさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Tさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:埼玉県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約202万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約709万円)

 

2.事例


職場での人間関係がうまく行かず、
上司との関係や部下指導に悩んでいたS.Tさん。

しだいに不眠や対人恐怖といった症状が現れるようになりました。

病院を受診して3年ほど治療を続けていますが、
双極性障害の症状は良くなりません。

次第に症状も悪化し、
不安・耳鳴り・焦燥感・パニック・趣味や関心の喪失
といった症状も現れるようになります。

仕事も困難になり、
1年半休職した後退職となりました。

ここ2年ほどは働けない状態が続いています。

S.Tさんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は母が用意しなければ食べられない
●入浴は月に2回程度、着替えも月に2〜3回
●部屋の掃除や片付けは全くできない
●朝起きての洗面や歯磨きも難しい
●基本的に自分で買い物に行くことはできない
●人と話をするのが苦手で、会話が成立しないことがある
●自分の気持ちを言葉にすることができないことがある
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●バスや電車にのると、方向が分からなくなってしまう
●社会的手続きも一人では難しい
●基本的に横になって過ごしている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
さかのぼって2級の年金が認められました。

 

3.S.Tさんの声


手続きが複雑で自分一人では障害年金はできない、
生活のことや母親のこと、将来のことが不安。
傷病手当金の変換といったお金のことが不安でした。

病院で入院したときに知り合った人から
全国障害年金パートナーズのことを聞きました。

病院で知り合った人が心配して、
宮里先生の所に連れて行ってくれました。

うつ状態がひどく、
入金手続きに動けなかったこともあり
不安がましてすぐには依頼できませんでした。

うつがひどく、
水の飲み過ぎで水中毒となり意識不明となり、
救急車で病院に運ばれました。

その後、
障害年金のことは一人ではできないため
妹に頼んで障害年金の代行を依頼してもらいました。

宮里先生は丁寧で、
妹とメールなどして手続きをしてもらい、
とても感謝しています。

電話での対応も分かりやすく、
感じが良くてとにかく丁寧でした。

おかげさまで2級が認定されました。

本当にありがとうございました。

 

【これから障害年金を受ける方へ】
宮里先生は丁寧で分かりやすく、
迷っている方がいるなら早く宮里先生に
相談された方が良いと思います。

生活するにはやはりお金が大切です。

心配事を少しでも減らして、
病気の療養に専念できるからです。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける