うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

金銭的な安定が精神的な安定につながると思います!(愛媛県のM.Hさんの事例)


1.基本情報


氏名:M.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:愛媛県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約177万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約634万円

 

2.事例


多幸感を得るためにドラッグストアで不眠薬を飲んでいたM.Hさん。

このままではいけないと不眠薬を断薬したところ、
副作用から倒れてしまいました。

病院へ運ばれてしばらく入院。

最初の病名は薬物中毒となっていました。

その後精神科のある病院へ転院して治療を続けましたが
病気はよくなりません。

気分の落ち込み・意欲減退・不眠・脱力感・
希死念慮・不安・食欲低下・趣味や関心の喪失といった症状も現れます。

病名はうつ病と変わりました。

それから10年ほどうつ病の治療を続けましたが、
症状は改善しません。

仕事を続けることも難しくなり、
ここ1年ほどは働けない状態となっていました。

M.Hさんの日常生活は次のような状態です。

●調理は自分ではできず、妻が用意しても食べられなかったりする
●入浴や着替えも、妻に促されてようやく行う
●部屋の掃除や片付け・洗濯はできない
●買物に一人で行くことはできない
●金銭管理にも支障があり、お金は妻が管理している
●薬も妻が管理して何とか飲めている
●主治医にも自分の症状や体調をうまく伝えられない
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●集団行動は難しく、家族以外の人との交流はない
●ガスの火をつけっぱなしにしてしまうことがある
●社会的手続きを一人で行うことは困難
●基本的には自宅で横になって過ごしている

M.Hさんの場合、
障害年金には2つのハードルがありました。

1つは、自分で飲んでいた薬物が原因でうつ病になったことです。

これは、場合によっては自分が原因なのだから障害年金は支給しない、
という結果にもなりかねない事案でした。

また、二つ目のハードルは、
主治医の先生が障害年金は定年後に手続きするものと考えていたことでした。

このハードルも大変でしたが、
私たち全国障害年金パートナーズのこれまでの経験やノウハウを駆使し、
無事に2級の年金が認められることになりました。

 

3.M.Hさんの声


生活費の少なさに、
将来への不安を感じていました。

YouTubeを見て、
全国障害年金パートナーズを知りました。

最初は自分で障害年金の申請をしようと思いましたが、
今の自分には難しそうだったので、
しばらくしてから全国障害年金パートナーズに連絡しました。

うつ病に特化した社労士事務所だったため、
依頼を決めました。

自分ではできなかったであろう書類作成を行ってもらい、
結果も思った以上のものであったため、
依頼して良かったと思っています。

金銭的な安心が精神的な安心につながると思います。

ぜひ宮里先生に依頼してみることをお勧めします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける