うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

10年も仕事ができず、妻にパートで養われる日々でした・・・(鹿児島県のN.Hさんの事例)


1.基本情報


氏名:N.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:鹿児島県
病名:持続性気分障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約167万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約220万円)

 

2.事例


仕事のプレッシャーが強く、
残業も月100時間ほど行っていて
過労状態にあったN.Hさん。

仕事をしていたら急に文字が読めなくなり、
キーボードも打てなくなってしまいました。

さらに不眠・飲酒・意欲減退といった症状も出てきます。

病院へ行くと
当初はアルコール依存症と診断されました。

複数の病院を転院しながら治療を続けますが
症状は良くなりません。

それどころか、
食欲低下・焦燥感・幻覚・幻聴・希死念慮
といった症状も現れるようになりました。

現在の病院では、持続性気分障害と診断されています。

病気の症状も悪化し、
ここ10年ほどは働けない状態が続いています。

N.Hさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日1〜2食。調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は1〜2ヶ月に1回。家族に入浴を促されても入れない
●部屋の掃除や片付けはまったくできない
●買物に一人で行くこともできない
●自分から人に話しかけることはほぼない
●相手の話が理解できなかったり、自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●集団行動は難しく、家族以外の人との交流は乏しい
●電車やバスといった交通機関を一人で利用するのは難しい
●基本的に横になって過ごしている
●日常生活における身のまわりの多くに、家族の援助が必要となっている

私たちがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3.N.Hさんの声


10年あまり仕事に就くことができず、
妻がパートで私を養う日々でした。

たまたまYouTubeの年金の計算を見ていたところに
宮里先生の障害年金を紹介する動画があり、
妻と相談しました。

妻と相談したところ、
他の社労士事務所にも同じ内容の動画がありましたが
宮里先生のところが良いと判断し、
すぐに依頼しました。

先生の話し方に人間性が出ていたことが決め手で
依頼しました。

電話で話が進んでいき、
自分では手続きできないところまで手続きをしていただき、
診断書を書いてもらうことができました。

まだうつ病で働くことができないという方は、
早く宮里先生に依頼することをお勧めします。

また、電話でパニックになった時に
宮里先生の最初の一言で落ち着いて返事ができたのも、
宮里先生のおかげでした。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける