うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

年金事務所の窓口に不信感をもちました!(岐阜県のY.Jさんの事例)


1.基本情報


氏名:Y.Jさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:岐阜県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約112万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約430万円)

 

2.事例


職場での人間関係にストレスを感じていたY.Jさん。

しだいに不眠・過食・不安・意欲減退・イライラといった症状が現れます。

病院を受診すると、
最初は摂食障害と診断されます。

その後、うつ病やADHDといった病気も併発しました。

働くこともできず、
休職を経て退職。

その後も1年以上働けない状態が続いていました。

Y.Jさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日1〜2食
●調理はできず、ヘルパーや知人が食事を用意してくれることも多い
●入浴は週に2回程度
●部屋の掃除も行えない
●買物も一人では難しいため、ヘルパーが買物してくれる
●人と話をするのが億劫で苦手
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●集団行動は困難
●自分の髪を切り始めて止まらなくなることがある
●基本的に横になって過ごしている

私たちがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級が認められました。

 

3.Y.Jさんの声


年金事務所の相談窓口へ出向く度に説明内容が変わったり、
不親切なほどに窓口へ通うことを強いられていた。

うつ病のため、体力と思考力が及ばず、
単身なため、年金の申請だけでなく結果への不安も
大きなストレスとなっていました。

年金事務所の窓口での案内に不信感を持ち、
ネットで調べていたときに全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐには依頼しませんでした。

遠いこと、
病のせいか決断が困難であったこと、
代金が比較的高額だったことが理由です。

ですが、
手続きに関わるほとんどをお任せできるので依頼を決めました。

また、奥さんがうつ病になったご経験をおもちなので
信頼できると思ったのも、依頼を決めた理由です。

実際に依頼してみて、
思考がままならなく、的確な応答が難しい部分などの
うつ病の当事者の状態をよく熟知されておられて、
とても親切だと感じました。

そして、主治医とのやり取りなどの苦労が省かれて
大変助かりました。

【これから障害年金を受け取る人へ】
ご自身の状態を正直にお伝えすれば、
必ず味方になってもらえます!

あきらめるその前に、
まず相談してみてください。

宮里先生は正義の味方です!!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける