うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

もうみんなに迷惑をかけているし、死にたいこれ以上生きているといろんな人が不幸になる(大阪府M.Hさんの事例)。


1.基本情報


氏名:M.Hさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:大阪府
病名:双極性障害、うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約134万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約202万円

 

2.事例


本店責任者(店長)に就任して、過重労働(月100時間超の残業)をしていました。休日も少なくストレスを抱えていました。
複数の病院を通院して、約15年程治療を続けていましたが、よくなりませんでした。
症状も重くなり、過呼吸、身体各部の痛み、息苦しさ、倦怠感、自律神経失調症、抑うつ気分、拒食症、不眠、対人不安といった症状も出てきました。
診断された病名が、双極性障害、うつ病でした。
もちろん仕事などできない状態が続いていました。

M.Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。
●食事は1日2食、調理は行えない
●入浴は週に1回、家族に入浴を促されても入れないことが多い
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くこともできない
●薬の飲み忘れが多いため、服薬管理は家族が行っている
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●質問されても答えるまでに時間がかかることが多い
●質問と違う話をしてしまうこともある
●家にいるときは、テレビをつけっぱなしに、ぼーっとしていたり、携帯を触って過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3. M.Hさんの声


もうみんなに迷惑をかけているし、死にたいこれ以上生きているといろんな人が不幸になる。

インターネット検索で全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに無料診断を受け依頼しました。

無料診断ツール、返金制度、担当者からの診断結果に納得して、障害年金受給代行を依頼しました。

最初は不安が大きかったです。本当に受給できるのか?と半信半疑でした。
依頼してからはすべての手続きをお任せできる安心感を得れました。
また、結果がでた時は依頼してよかったと思いました。

私は、うつ病で長い間苦しんでいて経済的な面で家族に負担をかけていて、私がいなくなったほうがいいと感じることがたくさんありました。また、自分が障害者にあてはまるとも思っていませんでした。
そんなある日主人から、障害年金の受給申請をしてみないか?と言われて障害年金受給代行を依頼することに至りました。自分では体調が悪く障害年金の書類作成をすることが困難でした。そこで先生に依頼し、無事に障害年金2級を獲得しました。

家族としての意見・・・
妻をサポートする家族として、日本は申請しないと何も得ることができません。申請制度の国です。
でも、家族をサポートしながら障害年金の書類を作成し、提出することはものすごいエネルギーを使います。
それをサポートしてくれる存在が、国家資格をもった社会保険労務士さんです。
医師や障害年金の制度を知らない人に相談してもなにも教えてくれません。
おそらくこのホームページをみた人はすでに体験していると思います。医師は障害年金の申請については教えてくれません。
自分で調べて初めて気づくか身近に法律のプロがいないと障害年金の制度自体を知ることができないのです。
このホームページをみた人はラッキーだと思います。申請しなければ0円。
申請し、受給要件をみたしていれば障害年金が受給できます。失敗しても10万円返金されます。
こんな障害に寄り添っている社会保険労務士さんはほかにいないと感じました。
多くの人に障害年金を受給してほしいから正直に言います!!
先生に申請すべてを丸投げしました。それぐらい安心できる先生に出会えたことに感謝です。(決してさくらではないですよ、先生の回しものでもないです (笑))
本当に困っている皆さんに第一歩を踏み出して欲しいです!!まずはプロに相談してみてください。

P.S.障害で困難を抱えている人(支援を必要としている人)に支援の輪が広がることを祈っております。先生本当にありがとうございました。先生の益々のご活躍に期待しております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける