うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

働いていないので預金がどんどん減っていくことが悩みでした(埼玉県M.Tさんの事例)。


1.基本情報


氏名:M.Tさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:埼玉県
病名:躁うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約190万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約253万円)

2.事例


骨髄性白血病の後遺症のため、ストレスを抱えていました。

M.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、夫が買ってきた弁当や惣菜を食べています。
●娘が料理をしてくれることもある。食事は過食になることがあります。
●入浴はできず、週1回しかシャワーに入ることができません。
●子どもから入浴を促されてようやく入っています。
●着替えはできず、1週間同じ服を着ています。
●買い物は一人で行くことができないので、夫や息子が代わりに買い物に行っています。
●人が多いところで買い物ができず、何を買えば良いのか分からなります。
●主治医に先生に自分の症状や体調を伝えきれず、自分を良く見せようと軽く伝えてしまいます。「特に何もありません」と伝えてしまいます。
●人と話をするのが億劫で苦手で、自分の気持ちを言葉にできないことがあります。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがあります。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用するのはできません。
●自宅では一日中、布団の中で横になっています。
●地域の人との交流はできていません。
●子どもの学校行事に参加することができません。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .M.Tさんの声


働いていないので、預金がどんどん減っていくことが悩みでした。また、社会に貢献できていないことに悩んでいました。
インターネットで、うつ病について調べていて、たまたま、障害年金というキーワードを知りました。
すぐに依頼しませんでした。自分が該当するかわからなかったし、どの社労士さんに頼んだらよいかわからなかったから。
全国障害年金パートナーズはうつ病のみ扱っている会社だったので、成功率も高く、沢山の動画を見て安心して代行してもらえると思ったため、依頼をしました。
はじめのうちは、自分でも取り寄せる書類があり、大変でしたが、その後は全て代行して下さり、とても楽でした。
自分はもっと前に気づいていればよかったと後悔しています。気づいたら早めに障害年金の依頼をした方が良いと思います。
また、全国障害年金パートナーズの場合、、メールと電話だけで全て完了できたので良かったです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける