うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分で年金申請しても通るか不安でした(宮城県T.Sさんの事例)。


1.基本情報


氏名:T.Sさん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:宮城県
病名:気分障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約140万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約276万円)

2.事例


業務量が増え(残業時間は月80〜100時間)、ストレスを抱えていました。

T.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は自分で準備をすることができず、家族が用意しているものを食べています。
●部屋の掃除や片付けをすることができず、母が代わりに掃除をするが、すぐに散らかしてしまいます。
●人が多いところで買い物をすることが難しいです。
●5日程、不眠以外の薬の飲み忘れがあります。
●人と話をするのが苦手です。
●相手が何を言っているのかわからなくなることがあります。
●災害等で避難指示が出たとしても、避難できずに自宅にいると思われます。
●電話に出ることができない。宅急便の対応をすることができません。
●家族から受けているサポートは、身の回りのことを全てやってもらっています。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .T.Sさんの声


自分で障害年金の申請しても通るか不安でした。
インターネットで検索をして、全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐには依頼せず、費用面でしばらく考えました。
成功率の高さが決め手となり、依頼をしました。
実際に依頼してみると、受給できるかどうか不安でした。
うつ病で苦しんでいて障害年金を受けていない方へ。毎日の生活も苦しいですので、早目に対象であれば申請をすることで不安は少なると思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける