うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

家族のお荷物でしかないと悩んでいました(北海道Y.Nさんの事例)。


1.基本情報


氏名:Y.Nさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約188万円)

2.事例


職場の人間関係(いじめる人がいた)で悩んでいました。また、娘が、奨学金で入った専門学校を途中でやめてしまい、返済する奨学金が残ってしまい、経済的不安になっていました。それに長男が職に就けず、経済的不安が増してストレスを感じていました。

Y.Nさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しかとることができません。
●調理をすることができないので、缶詰などを食べています。
●後片付けができないので、息子が代わりに行っています。
●家族から促されて、ようやく入浴をしています。
●着替えをすることができず、毎日同じ服を着ています。
●買い物に行くことができません。
●パートナーと息子が代わりに買い物に行きます。
●人が多いところで、買い物をすることができません。
●病院に一人で行くことができず、パートナーに付き添ってもらっています。
●人と話をするのが億劫で、苦手です。
●相手が何を言っているのかわからなくなることがあります。
●自分の気持ちを言葉にできないことがあります。
●電車やバスを利用することができません。
●ガスの火を点けっぱなしにしてしまうことがあります。
●手続きは一人で行うことが難しく、市役所の方やスタッフの方の力を借りて、行っています。
●本や新聞が読めなくなってきました。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .Y.Nさんの声


収入が、子供、そしてパートナーに頼ることしかなかったので、罪悪感、動くこともままならなかった私は、家族のお荷物でしかないと悩んでいました。
何かにすがりたくて、現状をなんとかしたくて、横になりながらも携帯で色々と調べていくうちに、全国障害年金パートナーズというサイトにたどり着きました。
正直、自分がそのような手当てを受けられれるとはおもっていなかったので迷いました。住所が北海道だったということもありましたし、けれどもサイト内を読んでいくうち、まずは無料相談ができるということで、2、3回のやり取りの後、その資格があると力強く言われ、頼れるかもしれないと依頼をお願いしました。
対応に応じてくれた山崎先生の頼りになるお言葉でした。
実際に依頼してみると、不安なこと、わからないこと、こまかく丁寧にご指導くださり、やりとりが増えるたびに安心感がわいてきました。
これから障害年金を受けてみる方は、まずはとにかく無料相談をしてほしいです。メールでも十分に丁寧に接していただけます。
私のように何年も苦しんでいる方々、一歩の勇気が将来の不安をぬぐっていただけると確信しています。
決してあなたを傷つけることなく、力強く根気よく導いて下さることでしょう。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける