うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

申請の手続きの仕方がわからなかったし、自分たちのケースで障害年金の認定は難しいだろうと思っていた(神奈川県M.Iさんの事例)。


1.基本情報


氏名:M.Iさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約122万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約133万円)

2.事例


慢性的な育児疲れ、子供を児童保護施設に入れなければいけない背徳感、喘息的症状から来る絶望感を感じていました。

M.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、夫が買ってきたコンビニのお弁当やスーパーの惣菜を食べています。
●食料品の宅配をお願いして、それを温める等して食べています。
●掃除や片付けができないので、部屋は散らかってしまいます。代わりに夫が掃除をしています。
●身体が重くて、外に行くことができません。
●買い物が難しいので、スーパーの宅配サービスを利用しています。
●病院に一人で行けず、夫が付き添ってくれることもあります。
●一人で外に行かせると危ないことがあるので、夫が付き添うことがあります。
●人と話をするのが億劫で苦手で、誰とも話したくありません。
●自分の気持ちを言葉にできないことがあります。
●車を運転する場合、集中力が落ちたりパニックになって、車を壁や電柱にぶつけてしまいました。
●電話に出ることができず、宅急便の対応ができません。
●掃除、食事の支度、子育てができず、代わりに夫が行っていて、家事全般のサポートを夫から受けています。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .M.Iさんの声


申請の手続きの仕方がわからなかったし、自分たちのケースで障害年金の認定は難しいだろうと思っていた。
手続きについてインターネットでリサーチをしていたところ、このサービス知った。
すぐに依頼をした。
障害年金を専門に扱っているので、知見が豊富で認定される確率が高そうだったから、障害年金受給代行を依頼した。また成功報酬型だったから。
実際に依頼してみたところ、手際の良さ、資料の整理のうまさに驚きました。
「自分のレベルで認定が下りるわけでない」と思っても、一度相談してみること、チャレンジしてみることをお薦めします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける