うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病と診断は受けているが、自分の症状では年金を請求できるほどではないのではないかと悩んでいました(東京都H.Sさんの事例)。


1.基本情報


氏名:H.Sさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約218万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約328万円)

2.事例


人事異動で仕事内容が一変した。また母と伯母の介護により、ストレスを感じていました。

H.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●自分で食事を作り気になれず、妻が作ってくれる。
●妻が常に食事の管理をしている。妻が食事の管理をしないと、食べ過ぎてしまったり、偏食(甘いもの、脂っこいもの)をしてしまう。
●妻が管理をしないと入浴をする気になれない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに妻が行なっている。
●買い物は一人で行けず、代わりに妻が買い物をしている。
●人が多いところで買い物できない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●病院には一人で行けず、妻が付き添ってくれている。
●妻の付き添いがないと一人で病院に行けず、予約した時間にも行けない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行やATMでお金の出し入れができない。
●電話に出ることができない。
●自宅では、横になって過ごすことが多い。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .H.Sさんの声


うつ病と診断は受けているが、自分の症状では年金を請求できるほどではないのではないかと悩んでいました。

当社の障害年金の受給代行は、ネットで「うつ病」「障害年金」「社労士」で検索。「うつ病専門」というところが相談しやすいと思った。

しばらく悩んだ。自分で申請するか。社労士に依頼するか。そもそも自分の症状では受給は難しいのではないか。

自分が年金を申請できるかについて、無料相談がネットで気軽にできたこと。すぐに丁寧な回答をもらえたことが決め手となった。

病状を振り返ってまとめる、書類を書く、窓口に行く等、煩雑さから途中で諦めてしまったと思うので、依頼をしてよかった。

障害年金が受給出来て生活の不安が軽減されたことで気持ちが楽になりました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける