うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

退職すればうつ病は治ると考えていましたが、5年以上経過して今でも辛い日々が続いています(千葉県A.Hさんの事例)。


1.基本情報


氏名:A.Hさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約190万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約604万円)

2.事例


仕事量の増加による長時間労働(残業は月110時間超)、休日出勤(月4日程)により、ストレスを抱えていました。

A.Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食欲はないので、食事は1日1食しか食べることができない。
●妻が作ってくれるが、全部食べることが難しく、出されたものをゴミ箱に捨てて、食べたふりをしていることが多い。
●シャワーは10日に1回しか入ることができず、妻に促されてようやく入っている。
●買い物に行くことができず、代わりに妻が買い物をしてくれる。
●病院に一人で行くことが難しい時は、妻に送ってもらっている。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●人と会話をすることがなく、口を動かさなかったため、顎関節症になってしまった。
●気持ちが悪くなるので、長い時間は電車といった公共交通機関を一人で利用するのができない。
●銀行やATMでお金の出し入れは難しいので、代わりに妻が行なっている。
●電話に出ることができない。
●宅急便等が来た時に対応できない時がある。
●5分ほど座っていると辛くなる。
●自宅では、横になって本を読んだり、横になって過ごすことが多い。
●家に引きこもっている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .A.Hさんの声


私がうつ病になった原因は国家公務員として超多忙な仕事を長期に渡り行ってきたことです。退職すればうつ病は治ると考えていましたが、5年以上経過して今でも辛い日々が続いています。

パソコンでインターネットを見ていた時に御社のホームページを見ました。

その日は休日でしたが、折り返しの電話をいただき、すぐに依頼をしました。

ホームページや動画を拝見し、また直接お話しして信頼できると判断しました。

手続きに関する質問等いつも的確にお答えいただき、大変助かりました。2級という審査結果にも満足しております。

私は退職後5年以上収入がありませんでした。障害という言葉にこだわらず、障害年金は一種の保険と考えて迷っている人は申請してください。その際は、強く全国障害年金パートナーズを推薦いたします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける