うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金がなんだろうから始まって、自分で手続きをしたのですが、何を書いたらいいかわからなかったです(静岡県Y.Nさんの事例)。


1.基本情報


氏名:Y.Nさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:静岡県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約143万円)

2.事例


アルバイトの金銭管理を任されていて、そのプレッシャーを感じ、ストレスを感じていた。

Y.Nさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●自分で料理ができず、母が代わりに料理をしてくれる。
●母が用意した食事を全部食べることができず、時間を置かないと食べられない。
●お風呂に入る気力がなく、入浴は週1日も入ることができない。
●最近は入ったのは3週間前。
●買い物は一人で行くことができないので、代わりに母が買い物に行く。
●母や息子から買い物に誘われるが、途中で疲れてしまい、早く帰りたくなる。
●人が多いところで買い物できない。
●病院が予約制であった場合、予約した時間に行くことが難しい。
●主治医に自分の症状や体調を伝え切れていない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●退職後の国保や国民年金といった手続きは一人でできず、娘が代わりに行った。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .Y.Nさんの声


障害年金がなんだろうから始まって、自分で手続きをしたのですが、何を書いたらいいかわからなかったです。
携帯で調べていたら、障害年金専用の社労士さんがいるのを知りました。
すぐに依頼しようと思ったのですが、電話をかける勇気が持てず、メールして、かけて頂いたところとお話をしました。
携帯での動画やわかりやすいお話でしたので、とくべつお安いわけではなかったのですが、お願いしようと思いました。
お話のトーンも優しく、頼んで良かったと思いました。時には本当にもらえるか心配もありましたが、一生懸命やってくれていると感じたので、本当に信じようという思う気持ちになりました。
うつ病は、まずお電話してコミュニケーションを取るのが難しいと思います。まずは電話から始めてみてください。きっと安心できると思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける