うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

本当に受給できるかどうか悩んでいました(神奈川県T.Oさんの事例)。


1.基本情報


氏名:T.Oさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:神奈川県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:遡って2級
年金額:約122万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約563万円)

2.事例


思っていた夢(起業)が叶えられず、ストレスを感じていた。

T.Oさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しかとることができない。
●料理をする気になれず、代わりに妻が用意してくれる。
●妻が用意した食事をすぐに食べることができず、時間を置かないと食べられない。
●入浴は週の半分しか入ることができない。
●妻から入浴を促されないと入る気になれない。
●着替えは毎日できず、週の半分は同じ服を着てしまう。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻が買い物をしてくれる。
●うつ状態の時は、買い物はほとんど行かない。
●誰にも見られたくないので、人が多いところで買い物できない。
●病院に予約した時間に行けず、キャンセルや日程を変更することがある。
●人と会いたくない。人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●車を運転するが、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまったり、追突されたことが2回あった。電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●うつ状態だと、銀行やATMでお金の出し入れができない。
●電話に出られない。宅配便は出られない。
●バスやタクシーといった交通機関を一人で利用できない。
●躁状態の時、高額な車(400万円)や時計(80万円)を複数買ってしまい、後でお金に困って売ることがよくある。
●基本的には臥床して過ごしており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3. T.Oさんの声


障害年金受給代行を依頼する前、本当に受給できるかどうか悩んでいました。

障害年金受給代行を知ったきっかけは、グーグルで「障害年金」と検索しました。

すぐに依頼をしました。

価格はどこも同じようなものだったので、電話、メールなどのやりとりから感じられる人柄で選びました。

実際に依頼してみて、大変よかったです。

一日も早く、障害年金の存在を知り、受給できるように行動することをオススメ致します。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける