うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

実際受給するためにはとても難しい手続きが必要なことや、本当に該当するのだろうか・・・と日々悩んでいました(滋賀県R.Mさんの事例)。


1.基本情報


氏名:R.Mさん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:滋賀県
病名:自閉症スペクトラム、双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:78約万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約208万円)

2.事例


高校1年生のとき、学校の人間関係にストレスを感じていた。

R.Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は2食しか取ることができていない。
●料理をする気力がなく、母が代わりに作ってくれている。
●部屋の掃除や片付けができず、代わりに母が行なっている。
●母が掃除をしなかったら、洋服が山積みになってしまう。
●洗濯もできず、母から洗濯のやり方を教えてもらっても理解ができず、洗濯機を使うことができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに母が買い物に行っている。
●病院に一人で行けず、母の付き添いがないと通院できない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなることがよくある。
●自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●電話に出るとどうしていいかわからないため、電話に出ることができない。
●怖くて、電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●怖くて、自転車にも乗ることができない。
●災害等で避難指示が出たとしても、避難できずに自宅にいると思われる。
●銀行やATMでお金の出し入れをすることができない。
●一人で身の回りのことができず、家族がいなかったら、一人で生きていくことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .R.Mさんの声


障害年金という制度があることは知っていましたが、実際受給するためにはとても難しい手続きが必要なことや、本当に該当するのだろうか・・・と日々悩んでいました。

主治医の先生に色々な事務所があり、どこに依頼したらよいか困っていると相談したところ、以前やりとりしたことがあると教えていただきました。

教えて頂いた日に、全国障害年金パートナーズに早速連絡をさせて頂きました。

決め手になったのは、山崎様の親身にお話を聞いて頂く姿勢に、安心してこちらの状態をお伝えすることができたからです。

遠方ですが、常に進捗状況をお知らせいただき、落ち着いて結果を待つことができました。2級決定となり、本当に感謝しかありません。

体調が良くない娘に代わって、色々なことを相談させて頂きました。こちらはとても信頼できる事務所ですので、ぜひお話されてみてはいかがでしょうか?




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける