うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

働きたくても働けない、体が動かない。どうすればいいか?どうやって生きて行くか、ねむれない日々が続きました(愛知県時田直幸さんの事例)。


1.基本情報


氏名:時田直幸さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約135万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約247万円)

2.事例


上司2名の暴言や、自分では処理しきれない仕事量過重労働(月100時間超の残業)をしていました。休日も少なくストレスを抱えていました。

時田直幸さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2日食しかとることができない。
●料理をする気力になれず、同じ市内に住む妹と母が食事を届き来てくれるので、それを食べている。
●入浴は週2回しか入ることができない。
●妹と母から促されないと入浴することができない。
●着替えは2日に1回しか着替えることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妹や母が買い物をしてくれる。
●人が多いところで買い物ができない。
●何を買えば良いのか分からなくなることがある。
●病院に予約した時間にきちんと行けず、遅刻をしてしまう。
●病院に行く気力がなくキャンセルをしてしまうことがある。
●毎日、薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。相手が何を言っているのか分からなくなることがある。
●自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●相手から、何を言っているのかわからないと言われたことがある。
●車を運転するとき、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまうことがある。
●気力がなく、銀行やATMでお金の出し入れをすることができない。
●休職前に現金を引き出したものを現在使っている。
●予めかかることがわかっている電話以外の電話に出ることができない。
●基本的には臥床して過ごしており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .時田直幸さんの声


働きたくても働けない、体が動かない。どうすればいいか?どうやって生きて行くか、ねむれない日々が続きました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、税金・保険証をどうするか、調べたら、たまたま出て来たため。

まず、自分に当てはまるかを診断しました。当てはまるとわかり、色々な会社を見てみて、高いけど(笑)、信頼できると思い信頼しました(1週間くらい考えました)。

受給できなかったら、10万円もらえる。(自分は当てはまらなかったのですが)
ほぼ100%の受給率で、山崎さんの話をしてみて、10万円なくても信頼できたので。

色々と時間がかかっても、丁寧に教えて頂き、病院の先生にどのように言って書いて頂くか細かく教えて頂き、3級かなと思いましたが、山崎さんの作っていただいた資料のおかげで、先生も資料通りに書いて頂き、2級になり医療関係も安心になりました。本当に感謝しています。

うつ病は本当に苦しいですよね。毎日感情がかわり、外にでも出たくありません。それでも生活するためにはお金がいります。自分はもっと早くお願いすればとよかったと少し後悔しました。悩むんだったら、動けないかもしれませんが、早めに行動をしたほうがいいですよ。決定までかなり時間がかかります。山崎さんは信頼出来ます。話だけでも聞くと分かります。ぜひ、ここで年金もらってください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける