うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

この先の収入面など生活していく事を心配していた(愛知県D.Kさんの事例)。


1.基本情報


氏名:D.Kさん
性別:男性
年齢:20代
都道府県:愛知県
病名:自閉症スペクトラム障害、うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約182万円)

2.事例


学校でのイジメに悩み、ストレスを抱えていました。

D.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食か2食しか摂ることができない。
●料理をすることができず、母が代わりに料理をする。
●母が用意した食事をすぐに食べることができず、時間を置かないと食べることができない。
●入浴は3日に1回しか入ることができない。
●部屋の掃除や片付けができず、代わりに母が掃除をしている。
●洗濯は自分でできず、代わりに母が行っている。
●買い物は一人で行くことが難しく、代わりに母が買い物をしている。
●服も何を選んだら良いか分からず、代わりに母が買ってきてくれる。
●病院には一人で行けず、母に付き添ってもらっている。
●一人なら予約した時間に行くことができない。
●薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。相手が何を言っているのか分からなくなる。自分の気持ちを言葉にできない。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●災害等で避難指示が出たとしても、避難できずに自宅にいると思われる。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きができず、代わりに母が手続きを行っている。
●基本的には臥床して過ごしており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .D.Kさんのお母様の声


この先の収入面など生活していく事を心配していた。

インターネットで全国障害年金パートナーズを知りました。

他にこのようなご親切に対応してくださる所があるのかと思いすぐに依頼しました。

TELをしてみた時にとても親身になってご対応くださり、とてもわかりやすく説明があり、ここしかない!!と思いました。

いつも対応が早く、仕事をしながらでしたので本当に助かりました。

きっと何をしたらよいかどこから手をつけたらよいか暗闇の中にいるようだと思います。毎日、忙しいこともあったりとお身体のこともありますのでしょうし・・・。とにかくTELをしてみてほしいです。山崎様が力になってくださいます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける