うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

働きたくても、思うように身体が動かず、このまま収入の無い状況が続いてしまう事をとても不安に思う、つらい日々でした(神奈川県M.Kさんの事例)。


1.基本情報


氏名:M.Kさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約163万円)

2.事例


乳がんの治療により、精神的に不安になってしまった。

M.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食程しか食べることができない。
●入浴は週1回程しか入ることができない。
●家の近くの通い慣れたスーパーしか行くことができない。
●買い物が行けず、代わりに友人が行くこともある。
●予約した時間にきちんと行けず、何度もキャンセルをして日程の変更をしたことがある。
●時折、薬の飲み忘れがある。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用ができない。
●手続き関係は、職員のサポートがないと手続きができない。
●自宅では、立っていると立ちくらみやめまいがするため、座って過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .M.Kさんの声


働きたくても、思うように身体が動かず、このまま収入の無い状況が続いてしまう事をとても不安に思う、つらい日々でした。

全国障害年金パートナーズは、障害年金で検索をして知りました。

自分での申請はとても難しいことがわかり、迷わずすぐに依頼しました。

うつ病による障害年金に特化しており、電話でもとても丁寧に説明してくださったので、安心して話を進めることができました。

必要な書類をわかりやすく教えていただき、すぐに対応して下さいました。本当に、即日動いてくださり、申請までスムーズにでした。

障害年金の支給をあきらめずに、依頼をされることを是非お勧めしたいです。私も無事に2球の認定を頂けました。本当に感謝しております。有難うございました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける