うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

収入がない(愛媛県E.Kさんの事例)


1.基本情報


氏名:E.Kさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:愛媛県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約128万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約279万円)

2.事例


仕事のストレス、家族関係の悩みのためストレスを感じていた。
E.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●料理をする気力がなく、代わりに母が食事を作ってくれる。
●インスタント食品やコンビニの菓子パンやお弁当を食べることもある。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●自分で入浴する気になれず、母に促されないと入浴する気になれない。
●着替えは毎日できず、週2,3回しか着替えることができない。
●人目が気になるので、近所のスーパーで深夜の買い物しかいけない。また、調子の悪いときは一人で行くことができず、代わりに母が買い物に行っている。
●病院が予約制であった場合、予約した時間に行かなければならないと思ってしまい、ストレスに感じてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手と話しているとイライラしてしまう。
●自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、目的地を行き過ぎしまうことがよくある。電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、目的地を行き過ぎしまうことがよくある。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●母のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。
●母以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .E.Kさんの声


依頼する前に悩んでいたのは、収入がないことです。
全国障害年金パートナーズは、インターネットで障害年金を調べている時に知りました。

すぐ依頼しました。

うつ病による障害年金受給代行を専門にされているということ、最初に電話で応対していただいた時から手続きの進め方に無駄がなく、説明も簡素かつ的確で非常に理解しやすかったことなどが決め手です。

スムーズに申請を行うことができました。

障害年金の申請は複雑で、うつ病で苦しんでいる状態で自分一人だけで申請するのは非常に困難です。私は難しい手続きは専門の先生におまかせして、年金受給で経済的不安を解消してから治療に専念するのが良い選択だと考えました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける