うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病のために定年前に退職することとなり、退職金はあるものの、老齢年金受給まで、無収入になることに不安を感じていました(新潟県S.Iさんの事例)。


1.基本情報


氏名:S.Iさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:新潟県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約189万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約394万円)

2.事例


教頭をしており、校長先生と職員との不和を感じていた。

S.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しかとることができない。
●料理をする気力がなく、代わりに妻が食事を作ってくれる。
●妻が作った食事をすぐに食べることができず、時間を置いて食べている。
●入浴は週3回しか入ることができない。
●妻から促されないと着替えることができない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに妻が行なっている。
●近所のコンビニ以外、一人で買い物に行くことができない。
●人が多いところで買い物できない。具合が悪いことを知っているため、妻から買い物に誘われることはない。
●時折、薬の飲み忘れがある。妻から「薬飲んだ?」という声掛けをしてもらっている。
●主治医に自分の症状や体調を伝え切れていない。
●人と話をするのが億劫で苦手。自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●知らない番号の電話に出ることができない。
●車を運転する際、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったことや、「今どこを走っているんだっけ?」「この道で合っているのか?」と思うことがある。
●知らない番号の電話に出ることができない。
●宅急便等が来た時に対応できず、居留守を使ってしまうことがよくある。
●規則正しい生活をすることができない。
●自宅では、ベッドで寝て過ごすことが多い。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .S.Iさんの声


うつ病のために定年前に退職することとなり、退職金はあるものの、老齢年金受給まで、無収入になることに不安を感じていました。

ネットの検索で「うつ病 障害年金」と入力したところ、全国障害年金パートナーズが上位に上がっていました。

全国障害年金パートナーズにすぐに依頼をしました。

決め手は、「うつ病専門」と謳っていたこと、また、電話での対応が丁寧であったことが第一です。加えて、提出書類一式を見た時、素人ではとても無理だと感じました。

実際に依頼をしてみて、転院歴が複数あったため、その治療歴を問い合わせないことと、初診の病院に出向かねばならなかったこと以外は、何の苦労もなく、ありがたく思いました。

障害年金をサポートする社労士さんは多く存在しますが、この会社は、そのノウハウの次元が異なります。安心して任せてください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける