うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

病気のことはもちろん、生活費、医療費などに悩んでいました(栃木県A.Hさんの事例)。


1.基本情報


氏名:A.Hさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:栃木県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約162万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約608万円)

2.事例


会社での人間関係に悩んでいた。残業時間(月80時間)が長かった。

A.Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食も食べられないこともある。
●料理をすることができず、パートナーが代わりに作ってくれるが、すぐに食べられず、時間を置いて食べている。
●入浴は週2日程しか入ることができない。
●パートナーに入浴を促されて入っている。
●買い物は一人で行くことができず、パートナーが代わりに買い物をしてくれる。
●時折、薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなる。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行やATMでお金の出し入れが難しい。
●バスやタクシーといった交通機関を一人で利用できない。
●家事をやろうと思ってもできない。
●パートナーから家事全般のサポートを受けている。
●母から買い物付き添いをしてもらっている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .A.Hさんの声


病気のことはもちろん、生活費、医療費などに悩んでいました。
YouTubeで全国障害年金パートナーズを知りました(同居人がみつけた)。
信用できる会社なのか心配で依頼するまでに時間がかかった。
自分自身では判断するのが難しかったため。
YouTubeの内容、奥様のお話
周囲の人に勧められて(同居人)依頼をしました。
全部やっていただいて感謝しています。
とうてい、自分ではできないと思いました。不明点なども親切に説明してくださり、たすかりました。
障害年金を受けることで、生活面の心配がなくなります。病気をそれ以上ひどくすることなく、治療に集中できると思います。何かを始めることは勇気が入りますが、頑張ってメールをしてみてください。
手続きが終わった今、本当にお願いしてよかったと思っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける