うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病が障害年金の受給対象であること自体を知らなかったので、とにかくお金に困り、また、先々の不安が大きくて、それがまたうつ病をひどくしていました(東京都A.Nさんの事例)。


1.基本情報


氏名:A.Nさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約140万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約258万円)

2.事例


夫と子供が仲良くなれなかったことが、ストレスであった。

A.Nさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週1回も入れないことがよくある。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに夫と友人が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、夫の付き添いがないと行くことができない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行やATMでお金の出し入れはできないので、夫が行なっている。
●日常生活全般が1人で行うことができない。
●自宅では、横になって過ごしている。
●夫から、食事、掃除、洗濯、買い物等の家事全般や、社会的手続き等のサポートをしてもらっている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .A.Nさんの声


うつ病が障害年金の受給対象であること自体を知らなかったので、とにかくお金に困り、また、先々の不安が大きくて、それがまたうつ病をひどくしていました。
ネットサーフィン中に、偶然見つけました。すぐに依頼をしました。
難しい手続きは、そもそも自分(特にうつ病の今)では無理でしたので。
混乱することのないように、ステップ方式で指示をしてくださり、それが本当によかったです。
今すぐに依頼して、安心を手に入れて欲しいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける