うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

夫の収入だけでは生活がきつく、自分も働きたいのに、働きに出るどころか、家事もほとんどできず、自分のことすらろくにできない日々に悩んでいました(岡山県K.Kさんの事例 )。


1.基本情報


氏名:K.Kさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:岡山県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約129万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約360万円)

2.事例


家庭の人間関係、仕事のプレッシャーを感じ、ストレスになった。

K.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2〜3回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに両親・夫が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、母や夫の付き添いがないと行くことができない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなることがよくある。
●自転車を運転した際、夫の母から、「ふらついていて、危ない」と言われた。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、代わりに夫が手続きを行なっている。
●日常生活全般が1人で行うことができない。
●自宅では、横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .K.Kさんの声


夫の収入だけでは生活がきつく、自分も働きたいのに、働きに出るどころか、家事もほとんどできず、自分のことすらろくにできない日々に悩んでいました。

自立支援医療の更新時に送られてきた書類に書いてあった精神障害者保健福祉手帳が何か気になって、スマホで調べた際に出てきたのが、全国障害年金パートナーズのサイトでした。

そこで何気なく無料判定を受けたところ、障害年金2級が受給できるかもしれないことを知って、翌日メールを送りました。

どこの社労士のサイトを見ても、やはり精神障害の場合は判定が難しいと書いてあったので、精神障害を専門に扱っている全国障害年金パートナーズに依頼しました。

わからないことだらけでしたが、一から丁寧にその都度教えてもらったので、私でも各書類を用意することができました。実際に自分で書類を提出したり、年金事務所と話を直接しなくてよかったりで、すごく助かりました。

まさか自分障害年金2級を受給できるとは思ってもいなくて、受給決定の書類が送られてきた今でも夢のようです。もし自分はどうだろうと悩んでいるようなら、無料判定だけでもやってみてはいかがでしょうか。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける