うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今後の自分の人生はどうなるのか、どう生きていけば良いのか、生きている価値はあるのか等悩んでいました(広島県N.Iさんの事例)。


1.基本情報


氏名:N.Iさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:広島県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約190万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約390万円)

2.事例


職場の人間関係がストレスが原因だった。

N.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1.2食しか摂ることが出来ない。
●1週間入浴をしないこともある。
●買い物は家の近くの通い慣れたスーパーやコンビニにしか行くことができない。
●週4回ほど薬の飲み忘れがある。
●質問に答えるまでに時間がかかる。
●集団行動は難しい。
●災害等で避難指示が出たとしても、避難できずに自宅にいると思われる。
●手続き関係は自分でできない。
●日常生活の中で家事全般が一人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .N.Iさんの声


今後の自分の人生はどうなるのか、どう生きていけば良いのか、生きている価値はあるのか等悩んでいました。

インターネットで全国障害年金パートナーズを見つけました。

初診から1年しか経っていませんが、その時の電話でのやりとりで1年6ヶ月経った時点で病気が改善していなければ、迷わず依頼をお願いしようと決めていました。1年6ヶ月経った時点で、即依頼をお願いしました。

電話、メールだけのやり取りでしたが、先生との会話、人柄で信頼できると確信しました。

間違いなかったと本当に感謝しています。

ひとりで悩まず、まず全国障害年金パートナーズ様へ電話をしてほしいと思います。そして先生方を信頼し、ぜひとも受給代行を依頼して、少しでも明るい未来を手に入れて頂ければと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける