うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病が再発して、仕事に行くことが不可能になった。収入のこと、貯金を崩して生活をしていく中で、どうしていけばよいのか悩んでいた(岐阜県竹川さんの事例)。


1.基本情報


氏名:竹川さん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:岐阜県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約101万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約186万円)

2.事例


仕事のプレッシャーと職場の人間関係にストレスを感じていたため。

竹川さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに知人が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、知人の付き添いがないと行くことができない。
●自分の気持ちを言葉にできないことがある。
●車を運転する場合、同乗者に「危ない」と言われることがあるが、自分では「危ない」という自覚がない。
●電車・バスといった交通機関を一人で利用できない。
●自宅では、横になって過ごすことが多い。
●知人から、食事、掃除、洗濯、買い物等の家事全般、病院の付き添いや、手続きのサポートをしてもらっている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .竹川さんの声


うつ病が再発して、仕事に行くことが不可能になった。収入のこと、貯金を崩して生活をしていく中で、どうしていけばよいのか悩んでいた。

ユーチューブで検索したら、全国障害年金パートナーズが出てきた。

すぐに依頼はしなかった。まずは自分でやってみようと試みたかったから。

自分でやるには専門知識もなく、個人でやるにはとてもハードルが高いと感じ、依頼しました。
依頼というより、相談するつもりで恐る恐る電話をしてみたら、すごく優しく、わかりやすく説明して下さいました。電話からではありますが、山崎先生の温かみを感じました。

報酬は高いと感じましたが、自分でやることは不可能であり、その金額は決して高いものではないと感じました。なぜならば、年金を受けなければマイナスなのですから。

結果は大満足です。山崎先生は「命の恩人」と言っても言い過ぎではないと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

1日でも早く、苦しんでいる方「全国障害年金パートナーズ」へまずお電話をしてみてください。
必ず、必ず良い方向へ進むことができると思います。とても親身になって聞いて下さいますから。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける