うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

お金のことで悩んでいました(福島県M.Iさんの事例)。


1.基本情報


氏名: M.Iさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:福島県
病名:双極性感情障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約108万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約136万円)

2.事例


離婚によりストレスを感じていました。

M.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●自分で入浴する気になれず、母に強く促されないと入浴する気になれない。
●掃除ができず、ゴミが溜まってしまう。
●決まったお店で、決まった物しか買うことができない。
●人が多いところで買い物ができない。
●薬を飲んだのに、飲んだことを忘れてしまい、もう一度飲んでしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●電話に出ることができない。
●日常生活における身の回りの多くに、母の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .M.Iさんの声


お金のことで悩んでいました。
携帯のサイトを観て、全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐに依頼をしました。
ずっと20年間うつ病でなかなか治らず、仕事を転々として来たから。

依頼をしてみて、こんなに親身になって、自分のために動いてくれたことに、感謝します。

思い切って、依頼してみて。私の様な人がまだ沢山いることにエールを投げかけたいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける