うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

貯蓄が底をついていた為、明日以降のやりくりをどうすればよいのか、悶々としていた(埼玉県H.Tさんの事例)。


1.基本情報


氏名: H.Tさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:埼玉県
病名:反復性うつ病
請求方法:額改定請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約147万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約269万円)

2.事例


平成15年春頃から当時の勤務先(野田病院)において、仕事をめぐって経営者からの「パワーハラスメント・モラルハラスメント」を度々受ける様になり、「抑うつ・不安・倦怠感・不眠」の症状が頻繁に現れたのがきっかけである。新天地を求めて平成17年夏に転職したが、今度は新たな勤務先で上司からの「パワーハラスメント・モラルハラスメント」を度々受けてしまい、一時期落ち着いていた「うつ症状」が再発し体調不良と共に悪化したのが原因である。

H.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は2日に1回しか入ることができない。
●掃除ができず、ゴミが溜まってしまう。
●買い物を一人で行くことができないので、代わりに妻が行っている。
●人が多いところで買い物ができない。
●病院には一人で行くことができているが、行って帰ってくるとかなり疲れてしまい、次の日の午後まで寝てしまうことがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●車の運転はするが、集中力が落ちて、信号に気がつけないことがよくある。ヒヤリハットが時々ある。
●電話に出ることができない。
●日常生活における身の回りの多くに、妻の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .H.Tさんの声


貯蓄が底をついていた為、明日以降のやりくりをどうすればよいのか、悶々としていた。
審査請求が棄却された為、インターネット検索を色々としていて、貴社のページにたどり着いた。

無料の電話相談に親切に対応してくださり、手続き可能ということで、すぐに依頼した。

「額改定請求」の手続きにより、申請が進められると教えていただき、当時の現状を考慮して決断した。電話とメールでの対応がほとんどでしたが、丁寧にアドバイスを頂きながら、手続きを進められたのでよかった。

個人で手続きを進めるのはとにかく難しいので、1日でも早く障害年金受給代行を利用して手続きを進めることをおすすめします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける