うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分のうつ病の症状から、障害年金を受給できると思っていたが、一度自分で申請して失敗したので、今後どうすべきかを悩んでいました(埼玉県佐藤さんの事例)。


1 基本情報


氏名:佐藤さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:埼玉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約175万円)

2 事例


高校生の時、勉強で忙しく、睡眠不足が続いていた。ストレスを抱えてた。

佐藤さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しかとることが出来ない。
●料理をする気になれず、母が作ってくれる。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができないので、代わりに母が買い物をしてくれる。
●病院の予約した時間にきちんと行けず、遅刻したり、キャンセルをしてしまうことがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは1人で行うことができず、職員のサポートがないとできない。
●身の回りのことができず、家族がいなかったら一人で生活ができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 佐藤さんの声


自分のうつ病の症状から、障害年金を受給できると思っていたが、一度自分で申請して失敗したので、今後どうすべきかを悩んでいました。

障害年金の手続きについて調べていたところ、御社のホームページを見て知りました。
御社のホームページで、申請の手続きについて調べ、自分で申請しようと思ったので、最初は依頼しませんでした。

一度、自分で申請して失敗したことから、今度は専門家に依頼した方が良いと思いました。メルマガに登録して1年以上、御社のブログや動画を見て、信頼感をもてたので、依頼を決めました。

自分の状況を詳しく聞いてくれたり、わからないところをわかりやすく説明してくれました。
結果が出るまで不安でしたが、無事2級に認定され、依頼してよかったと思いました。

自分の場合、うつ病の症状が重くなってから、長い間、うつ病で障害年金を受給できてることを知りませんでした。日常生活や仕事などで支障が出ていたら、受給できる可能性があるので、一度、相談してみるといいと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける