うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金の存在すら知らなかった(自身が対象となり得るかという意味で)栃木県T.Sさんの事例


1.基本情報


氏名: T.Sさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:栃木県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約181万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約378万円)

2.事例


職場の人間関係にストレスを感じていた。

T.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2回しか入ることができない。
●朝起きての洗面・歯磨きはできていない。
●買い物は一人で行くことができず、母に付き添ってもらっている。
●人が多いところで買い物ができない。
●時々、薬を飲まないことがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●電車・バスといった交通機関を一人で利用できない。
●日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .T.Sさんの声


障害年金の存在すら知らなかった(自身が対象となり得るかという意味で)。
信用できるのか、任せられるのかに不安があった。

ユーチューブ、まほうの靴で全国障害年金パートナーズを知りました。

市内の同僚にTELをしたことあり、対応がよくないので、貴社を見つけて依頼した。県外という点に不安。

ユーチューブでたまたま、まほうの靴を見たから、依頼をしました。

対応が完璧でした。感謝しています。
県外でも、手数料が2ヶ月ではなく3ヶ月分でも安いくらいです。

とても自力ではできなかった。
①会社の退職を少しでも考えている人に、傷病手当金、失業給付、障害年金の流れも「アリ」をチャートで一目で分かるようにして、広く知ってもらうといい。
②自力では到底無理という結論。経験豊富、県外でも全く問題ない。
そこそこの地方都市の自称専門家とは安心感や結果が全く違うだろうと思います。
とくに①の退職を考えたことのある人に、一連の流れを広く知らしめれば、いざというときに、
あとから知ってもらえる権利を失う人が減ったらいいな、救われる人が増えたらいいなと思っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける