うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

病気、障害、体調不良、不眠、金銭面などで悩んでいました(高知県N.Sさんの事例)。


1 基本情報


氏名:N.Sさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:高知県
病名:発達障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約173万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約620万円)

2 事例


職場での対人関係(上司、同僚、患者)にストレスを感じていた。

N.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食(夕食)のみ、または全く食べられないことがある。
●自分で着替えを用意できず、妻が用意してくれた物に着替えている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻が買い物に行っている。
●自分で薬の管理を行うことができず、妻が服薬について確認してくれたり、妻から薬を出してもらっている。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、職員のサポートがないとできない。
●妻から、食事、掃除、洗濯、買い物等の家事全般、手続きのサポートをしてもらっている。妻のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 N.Sさんの声


病気、障害、体調不良、不眠、金銭面などで悩んでいました。

インターネット検索で知りました。

すぐに依頼をしました。

うつ病を専門としていたためです。
動画「魔法の靴」、これまでの実績も決め手となりました。

障害年金受給が決定し、妻も安堵していました。障害年金パートナーズ様に依頼をして大正解でした。ありがとうございます。

安富歩氏「生きる技法」に”助けて下さいと言えた時、あなたは自立している”との言葉があります。先日、妻の同級生が4人の子と妻を残し、自ら旅たたれました。私は他人事だと思えませんでした。
自己責任の風潮が蔓延する社会はとても生きづらく、未来に絶望しています。
助けてくださいと言うことは恥ずかしいことはなく、自分や家族、ひいてはこの生きづらい社会を変えていくきっかけになればと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける