うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻の病気が発病して4年間同じ心療内科に通院するも回復せずまた働くこともできず、家計の面でも厳しくなっておりました(静岡県N.Hさんの事例)。


1 基本情報


氏名:N.Hさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:静岡県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約150万円)

2 事例


夫、実子とともに実母、実姉、実姉の夫、姪2人と7人で同居していたが、実姉の夫が家を出てしまった。その後、実母や実姉から無視されたり、嫌味を言われるなどの嫌がらせを受けるようになり、悩んでいた。住宅ローンの返済など将来の生活に対する不安も相まって、ストレスを抱え込むようになり、精神的なバランスを崩してしまった。実母らとの同居を解消した後も、そうした症状が改善することはなく、むしろ増進してしまった。

N.Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食しか摂ることができない。
●入浴は週2回しか入ることができない。
●お金の管理はできていないので、代わりに夫に管理をしてもらっている。
●病院には一人で行くことができず、夫の付き添いがないと行くことができない。
●知らない番号の電話に出ることができない。
●ハサミやカッターなどの刃物類は、夫が「危険」との判断から、見えないところに隠してくれいている。
●自宅では、横になって過ごすことが多い。
●家族以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 N.Hさんのご主人の声


妻の病気が発病して4年間同じ心療内科に通院するも回復せずまた働くこともできず、家計の面でも厳しくなっておりました。

偶然ネットで見ていた所で御社のことを知りました。
こんな代行業務もあるのかと目から鱗でした。

ホームページ内にあるアンケートを進めてみると、2級との判断でした。
やはりというか、内心安心したような気分でした。

Q3の回答と重複しますが、やはり専門知識がないと、難しい内容です。
まして本人が請求するのはまず不可能ですね。

約1時間の電話で細かく本人の状態をお伝えするだけで、すべての書類を作成して頂けたのは、非常に嬉しかったです。

本人や家族の方々で悩まれているのなら、まずは連絡してみては?とても安心してお任せできると思います。
幸いには妻は受給することができて、金銭面の事の不安が軽減できると思います。
一度相談してみて損はないと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける