うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で働けず、経済的に困窮していました。働けない自分を責めたり、なぜこんな病気になってしまったのかと日々後悔ばかりでした(長崎県A.Kさんの事例)。


1 基本情報


氏名:A.Kさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:長崎県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約227万円)

2 事例


結婚して間もなく、最初の子が死産だったため、非常に大きなショックを受けた。そのことを考えないようにするために仕事に没頭するようになり、過労からストレスを感じるようになり、精神バランスを崩してしまった。

A.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食しか摂ることができない。
●自分で入浴する気になれず、母に強く促されないと入浴する気になれない。
●母から買い物に誘われて行くが、疲れてしまい途中で何度も休んでしまったり、先に車に戻ってしまう。
●毎日、母から薬を出してもらうことで、何とか服薬できている。
●質問に答えるまでに時間がかかる。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●自宅では、横になって過ごすことが多い。
●母のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 A.Kさんの声


うつ病で働けず、経済的に困窮していました。働けない自分を責めたり、なぜこんな病気になってしまったのかと日々後悔ばかりでした。
治療費や生活費を思うと、入院もできず、自分を責めてばかりで悪化していく一方でした。

「何かしなければ」と思い、スマホで「双極性障害」と調べていたとき、御社のHPを見つけました。そこで初めて障害年金というものがあることを知りました。

最初はすぐに依頼をしませんでした。自分が「障害者」であると認めたくなかったからです。
その後、院内で「双極性障害」と教えてもらい、負担をかけている家族のためにも依頼を決めました。
ですが、人と話すのに抵抗があり、1ヶ月くらい依頼に時間がかかりました。

入院を進められても出来ない。自分の病気を認められない。
家族への負担の大きさから、自分だけの問題ではないと思い、依頼を決めましたが、その前にヒアリングして頂いたのが大きかったです。

何をどうすれば良いのか、どうやってするのかをきちんと話していただき、体調の気遣っていただいて、とても自分一人では出来なかったと思います。
話ができない時は、メールを使ってくださり、なえるべく私が簡単に対応できるようにしていただけてよかったです。

もし、うつ病であるならまずは自分でその事を認め、少しだけ勇気を持って話だけでも聞いてもらってはどうでしょうか。
悩んで自分を苦しめるより、出来る事だけをすれば、害になりません。
体調の良い時です。経済的な不安を無くす為に話だけでも聞いてもらえたら、どれだけ自分に負担が無く、その悩みから開放され、療養に専念が出来るかを想像してもらいたいです。
もっと早くに障害年金を知っていたらと思います。
私一人では出来ませんでした。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける