うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

主人がうつ病を発症しましたので、家計が心配でした(岐阜県H.Aさんの事例)。


1.基本情報


氏名:H.Aさん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:岐阜県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約149万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約274万円)

2.事例


勤務先における担当業務、職場環境に適応できなかった。長時間の電車通勤も精神的に負担だった。人間関係も良好ではなく、時間外勤務による過労に伴う身体的な疲労も相まって、ストレスを抱え込んでしまった。

H.Aさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることができない。
●洗濯は自分でできず、代わりに妻に行なってもらっている。
●買い物は一人で行くことができず、妻に一緒に行ってもらっている。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手である。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●退職後の国保や国民年金といった手続きは自分でできず、すべて妻に行なってもらった。
●ひとりでいると、楽な死に方や迷惑をかけずに死ぬ方法を考えてしまう。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .H.Aさんの奥様の声


主人がうつ病を発症しましたので、家計が心配でした。

ネットで調べて全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに依頼をしました。

決め手は、手続きが大変だったからです。

依頼してよかったです。主人の代わりに働きながら、この手続きをするひまがなかったので、全て代行していただいて、すごく助かりました。

手続きが面倒だから・・・と思っている方こそ、代行を利用すべきです。
担当の方はとても丁寧で、話すのが嫌な時はすぐ電話を切ってくださったり、
本人のペースに合わせて、対応をして頂けます。
悩んでいる方こそ、一度相談した方が良いです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける