うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

仕事で体調を悪くして、年金受給をどうしようか?(北海道M.Iさんの事例)


1.基本情報


氏名:M.Iさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約万153円(次回更新時までに受け取れる総額は、約204万円)

2.事例


勤務先の製麺工場で販路拡大のため、ネットショッピング事業を立ち上げることになり、自身の本来業務である事務職に加えて、事業立ち上げを任されたことにより業務量が著しく増加した。時間外勤務が日増しに増えていき、過労による身体的な疲労から、精神的なストレスを感じるようになり、精神のバランスを崩してしまった。

M.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は、夫は仕事が多忙で頼むことができず、8歳という小さい子もいるため、辛いながらも気力を振り絞って何とか用意している。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、夫に代わりにいってもらうか、一緒に行ってもらっている。
●「薬を飲まなければ自分は死んでしまう」と考えているので、通院日はカレンダー、手帳、携帯電話のアラーム機能など、考えられるあらゆる手段を使って、絶対に忘れないようにしている。
●人と話をするのが億劫で苦手である。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●人と接するのが苦手なため、宅急便等が来た時にその場で対応できず、夫がいないときは居留守を使ってしまい、不在票を見て再配達をお願いしている。
●夫から、掃除、洗濯、買い物等の家事の多くにおいてサポートをしてもらっている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .M.Iさんの声


仕事で体調を悪くして、年金受給をどうしようか?
お医者さんには年金受給は難しいと言われて、悩みました。

インターネットを見ていて、うつでも年金受給できるのを知りました。

報酬のことでも悩みました。なのでなかなか前に進めなかったこともありました。

受給できなかったら、10万円お返しします。のことが決め手です。

取り寄せ書類が多かったり、今の医師に診断書をなかなか書いていただけなかったのですが、先生が励まして下さったのは力になりました。

鬱で苦しんでいる皆さん、年金を受給受けていない皆さん
ここの先生方は、こと細かくサポートしてくださるので、心配しないで頼んでみてください。きっといい結果が出ます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける