うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分は障害年金に該当するのか悩んでいました(山形県遠藤さんの事例)。


1.基本情報


氏名:遠藤さん
性別:男性
年齢:60代
都道府県:山形県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約122万円)

2.事例


人事異動で管理職になり、ノルマやプレッシャーでストレスを感じていたため。

遠藤さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●上着は1シーズン、同じ服を着てしまう。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに娘が買い物に行っている。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻をしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●銀行やATMでお金の出し入れをする際、パスワードを忘れてしまうことがあり、ロックがかかってしまう。
●自宅では横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

3 .遠藤さんの声


自分は障害年金に該当するのか悩んでいました。

ユーチューブの動画を見て知りました。

東京から山形まで遠いので、細部まで相談できるのか、直接会って相談できる地元の社労士の方に相談するか悩みました。

貴社がうつ病専門の障害年金代行であり、実績のあったので依頼しました。

東京と山形の距離感がなく、細部まで寄り添って頂き、今悩んでいることを優しく聞いていただき、親身になって相談していただきました。

うつ病は本当に辛い病気です。とにかく諦めないで障害年金パートナーズ様に依頼して一歩前に進めば、必ず光は見えてきます。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける