うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

休職中で、しっかりと復職できるか不安な面が多く、子供の進学(大学)を迎えるにあたり、収入面で柱となるものが欲しいと考えていました(大阪府Y.Yさんの事例)。


1.基本情報


氏名:Y.Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:双極性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約214万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約500万円)

2.事例


組織の中心として仕事をすることになり、任せられる仕事量が増え多くの仕事を抱え込むことになり、ストレスを感じていた。

Y.Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週1,2回しか入ることができない。
●何を買えば良いのか分からなくなるので、メモを持参している。
●妻から「今日は薬飲んだ?」と声掛けをしてもらっている。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●イライラが抑えられず、家族に暴言を吐いてしまう。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、代わりに妻が手続きを行なっている。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .Y.Yさんの声


休職中で、しっかりと復職できるか不安な面が多く、子供の進学(大学)を迎えるにあたり、収入面で柱となるものが欲しいと考えていました。

障害年金のことを調べる中で「全国障害年金パートナーズ」の動画を知り、いろいろと勉強をさせていただきました。

無料診断をした結果、受給できる可能性があるとの回答を頂きましたので、翌日電話をし、いろいろお話をさせていただいた上で、すぐ依頼をすることを決めました。

①動画の内容がわかりやすく、共感できた。
②実際にお話をさせていただいた中で、信頼できると感じた。
③受給成功率が高く、安心して任せられると思った。

①大阪→東京(埼玉)と距離の心配があったが、スムーズに連絡・やりとりができ、問題なく申請していただくことができた。
②日常生活のことをしっかり確認していただき、認定の6割を占める診断書作成のための参考資料を作成して頂いたことにより、正確な診断書作成に至った。

必要とされる人のために、国には制度を用意していますので、権利があればしっかり申請し、一助とすべきです。
しかし本人での申請は難しいのが現状で、2〜3ヶ月遅れれば、受給もそれだけ遅くなります。それならば、「全国障害年金パートナーズ」さんに依頼し、スムーズに申請することができれば、報酬を払っても、支給される金額は変わりません。安心して依頼しましょう。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける