うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

長引く状況(病状)に上手く社会復帰もままならず、経済不安も募っていった(東京都H.Kさんの事例)。


1.基本情報


氏名:H.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約84万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約640万円)

2.事例


会社を自営しており、経営に悩んでいた。

H.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、それにイライラしてしまう。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●予約した時間に病院に行くことができず、キャンセルしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●銀行やATMでお金の出し入れをする際、パスワードを忘れてしまうことがある。手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、代わりに妻が手続きを行なっている。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

3 .H.Kさんの声


長引く状況(病状)に上手く社会復帰もままならず、経済不安も募っていった。

障害年金受給について調べる中で、貴社代表のYouTube動画を見つけ、アクセス(電話)した。

多数の代行をしているところがあり、自分なりに比較検討してからなので、「すぐ」ではない。

直感。
動画から受けた生死日そうな感じ。

コロナ禍という最悪の依頼タイミング。実際、対面での相談はなく、正直不安だったが、電話で丁寧に説明していただき、郵便の往復等で、時間はかかったが、受給までたどり着いた。

世の中には自分から調べないとたどりつかない、正当な自分の権利があると思います。無理をせずに、体調と相談しながら、障害年金等の受給に多くの苦しんでいる人がたどり着くことを願います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける