うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分はこのままでいいのか?もう一度仕事に戻れるのか?(三重県山本由美さんの事例)


1.基本情報


氏名:山本由美さん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:三重県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約133万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約365万円)

2.事例


家族関係に悩んでいた。

山本由美さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2〜3回しか入ることができない。
●人が多いところで買い物ができない。
●予約した時間に病院に行くことができず、キャンセルしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●宅急便等が来た時に対応できず、夫がいないときは居留守を使ってしまい、代わりに帰宅後に夫に対応をしてもらっている。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .山本由美さんの声


自分はこのままでいいのか?もう一度仕事に戻れるのか?
生きていていいのか?どうやって生きていけばいいのか?など不安材料な自分をどうすればいいのか?

亡くなった友人が生前に「こんなのあるで!!」がきっかけです。

すぐには依頼しませんでした。友人の存在もあって再び、会社に戻ろうとしていた。
しかしながら、友人は突然亡くなり、その後自分を取り戻すまでに時間がかかったため。

うつ病に特化したとあったので。

親身になって私の話を全て聞き入れていただき、かつ共感して頂いたから、すごく頼りになりました。

決して一人ではないんだよと言いたいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける